駒沢オリンピック陸上競技場

世田谷区駒沢公園、目黒区東が丘二丁目・八雲五丁目
03-3421-6199
ホームページ


国立競技場が改修中の今、東京都では一番大きな競技場になるでしょうか。
2015年の6月に、記録会があったのでついでに?取材してきました。
少し昔にブルータータンになっていたみたいで。
それまでは、非常に古いトラックだったらしいのですが、行って納得。
外観や施設が、昭和の良きノスタルジックな趣を醸し出していました。
嫌いじゃないですけどね(笑)

元々戦前に東京オリンピックが開催される予定でしたが、その際はこの駒沢で開催される予定だったみたいで。
1964年の東京オリンピックの際に大規模に改修され、当時の東洋の魔女と呼ばれた方々が優勝したのもこの駒沢でした。
体育館、かなり古かったなぁ・・・。全てにおいて、歴史を感じます。
駒沢大学駅方面からの入口
東急田園都市線の駒澤大学駅が最寄りです。
駅から徒歩10分程度。
全ての競技場が駅から遠い茨城県民には羨ましい限りです。
電車の本数も多いですしね
公園案内図
公園の案内図。
気付いた方おられるかと思いますが・・・
陸上競技場のサブグランドはありません。
ジョギングコース
ジョギングコースの混雑ったら凄いこと。
あれ?世田谷という土地柄なのか?全ての人がお洒落に見える(笑)
きちんとサイクリングコースとジョギングコースが分かれています。
都心の中の緑。
スタンド外観
スタンドの外観。
なんという荘厳な、いやノスタルジック満載な外観!!
競技場上より
競技場の上から撮影。
見事なくらい眩しいブルートラック。
砂場ピット
砂場のピットです。
ピロティはありませんので、雨の日のウォーミングアップ場所や日差しの対策はしっかりしないとダメかも?
スタンド
スタンドです。
なんか特徴あるような・・・
こういうデザイン、嫌いじゃないですけどね(笑)
バックストレートのピット
バックストレートのピットです。
右側はかなり短め。
電光掲示板
電光掲示板です。立派です。
売店パークス
売店「パークス」。
必要最低限のものが売ってます。
場所は体育館の横です。
東京オリンピックメモリアルギャラリー
東京オリンピックメモリアルギャラリーです。
体育館にあるわけですが、誰でも無料で入館できます。
老朽化が著しいです。
大陶器市
競技場と体育館の間に、かなり大きいコンクリートのスペースがあるのですが
度々イベントをやってるそうです。
この日は「大陶器市」なるものを開催していました。
公園で遊んでイベントで買い物できるなんて、いいなぁ。
アスリートカフェ
アスリートカフェなるものもありますね。
シンボルの塔
駒沢といったら、これ!!
どうやら、この塔。東京オリンピックの頃からあるそうです。
デザインが凄い・・・。
バーベル
メモリアルギャラリーの中に、撮影OKな場所もあります。
オリンピック選手の気持ちになれるかな???
重さは・・・気になる方は、駒沢まで行ってみましょう(笑)
聖火トーチ
東京オリンピックの時はこれを沢山の方々が持って、日本全国周ったのですね。
感慨深いです。
重さは・・・気になる方は、駒沢まで行ってみましょう(しつこい・・・?)
アスリートメニュー
アスリートカフェは、体育館の中にあります。
試合の時には混みそうですね。
味は確かめてませんので、気になる方は駒沢まで・・・
板橋に続き、今回は東京を代表する競技場を取材してみました。
まず驚いたのが、サブグランドが無いということ。
前の国立競技場もそうですが、やはり建設コストで土地代が物凄いのでしょうね・・・
それに、この歴史感。只今大幅な改修工事を行っているそうですが、2020年の東京オリンピックの準備もあることですし・・・
心配な要素は、正直あります。
私は古い物好きなので、ここのデザインは気に入っているのですが(そんなことどうでもいいって??)
陸上はやらないけど、散歩はしたいなって方には、非常に良い環境かと思います。
大都会の渋谷駅からすぐですし、駅からも徒歩ですぐに行ける緑の多い場所なんて、なかなか無いですしね。
ジョギングコースやサイクリングコースも充実していますし??
夏になると、芝生で日焼けをしにくる男性も・・・?
余談ですが、円盤投のサークルには若干癖があるそうで、人によって向き不向きがあるそうです。
ちなみに・・・改修工事では、陸上競技場においてはバリアフリー化されるそうで、サブグランド建設までには至らないのかも?

陸上日記に戻る