山行日記に戻る

国道289号線



猫の木登り

向かうところは福島県白河市の隣の西 郷村。途中で那須高原サービスエリアに。猫が木登りしてました。
きょろろん村

「きょろろん村」という何でもあり?の施設が。泊まれるみたいです。
温泉?

「旅館 大黒屋」横のプール?奇妙すぎる造り・・・
あとから気付いたら、混浴の場所も。ビックリすぎ。ちなみに、混浴はおじさんばかりです(女性の方々、ご安心ください。)
289号線標柱

こんなところに・・・?
山の中まで289号線標柱

もはや山登り・・・??でも、標柱は続く・・・
涼しくなって

完全な山登り。
滝

なんと、「国道沿い」。に滝。
最初の「山」の更新が「国道」だなんて・・・
しかし、この国道。2014年になった今ではこの場所から新潟側まで一部開通しましたが、この時は甲子峠区間はまだ「登山」国道でした。
もちろん、当時の未開通部分を「登山」しようなんて人はいなかったでしょうが・・・?
全国にはまだまだ、この当時の「国道289号線」に似たような国道はいくつかあるそうです。
当時は有名だった、この「山の中に建てられた国道標柱」。今はどうなってるのかな。
「国道通」の間では、こういった国道を「酷道」とも呼ぶそうです。
大黒屋に宿泊したこともありましたが、なかなかの温泉宿でした。
ちなみに、「八十里越」を経由する区間はまだ「登山国道」であるみたいです。

山行日記に戻る