山行日記に戻る

京都愛宕山(4回目)



4回目の愛宕山です。
「この年」は冬登山。
数年前に行った鞍馬〜貴船神社とセットです。
例年に比べて、この年の愛宕山はちょっと降りすぎましたね・・・。
まだ登山用具なんぞ全く揃っていなくて、完全に私服で登りました。
鞍馬駅
愛宕山登山の前に。
ウォーミングアップで、散歩がてら叡山電鉄の鞍馬駅から、鞍馬寺を経て貴船神社まで山登り。
ケーブルカーがちょっと楽しかった(笑)


ケーブルカー切符1



ケーブルカー切符2



ケーブルカー



駅



参道



神社



奥宮



貴船側登山口
明け方の景色
そういうわけで、「本題」の愛宕山。雪ですね。
空気が澄んでいるので、京都市内がすごく綺麗に一望できます。
山門
山門までの道も、もう雪しかない・・・
ですが、手軽な山ですから、年末年始登山で多くの人たちとすれ違います。
小中学生もいますね。
境内手前階段
境内手前の階段です。
雪降ったせいか?中途半端にガリガリに凍っていなかったので、軽々と登れました。
模型
愛宕山近辺の模型が、寺近辺に。
一面、雪。
一面、雪ですね。一応、道ですよ。
帰りの山腹からの京都市内
帰りに、明け方の景色を見た場所から、もう一度京都市内を一望してみます。
やっぱり、綺麗。「水尾の別れ」近くの休憩所からの景色です。

同じく、水尾の別れの近く。
木全体にも雪がへばりついていて、綺麗です。まるで樹氷。
下山
登山道の下の方は、上に比べるとさほど雪はありません。
この時は装備は全く揃っていなかったんだなぁ。肩掛けカバンで雪道登山って・・・?
道標
「40丁」ごとに道標があります。
4.2kmの道に40箇所ということは、約100mに1箇所。
文章は全部違います。知りたい方は是非愛宕山登山を(笑)
登山案内
かなり丁寧な登山案内ですね。
確かに標高は1000m違いますので、かなり気温の差は感じます。
冬場は特に・・・。かなり寒いです。
雨水だけと記載されてますが、自販機はありますよ。
「あめゆ」というレアな生姜ドリンクが売ってました。
下山完了
登山口の清滝まで下山してきました。
こんな看板が。
「火廼要慎」と書いて「火の用心」
漢字って奥が深いなぁ・・・
今回は結婚して初めての「鞍馬〜貴船」+「愛宕山」のセットでした。
前に一度鞍馬〜貴船神社を歩いた時は、かなり疲れたのですが、この時はそうでもなかったような。
やっぱり、山登りは慣れなのかな・・・?
実はこの数日前に長野県の諏訪湖を自転車で1周する等・・・ちょっと体力を使った1週間でした。
下山後に天竜寺や南禅寺まで歩いたり等、それなりに京都を満喫して帰宅。

山行日記に戻る