山行日記に戻る

富士登山2010(1日目)



憧れの「富士登山」!!
とりあえず、メンバーは近い友人から集め・・・6名。
人生一度くらいは富士山に登ろう!!という、気合に満ちたメンバーです。
陸上、マラソン・・・特にスポーツやってない人まで(笑)
ひとまず、何も知らないので、「最初はツアー登山にしよう」ってことで、
サンシャインツアーサービスでの申し込み。
当日は始発で集合場所である新宿駅に向かい、バスに乗り込む。
いや・・・しかし・・・凄い人数だな・・・。
この会社の他にもたくさん富士山ツアーやってる会社あるのに、10号車くらいまである・・・。
さすが登山ブームが始まったばかりの2010年。
しかし、この登山で「ツアー登山の問題」が浮き彫りになりました。
教訓も合わせて書いていこうと思います。
バス車中
さ!!富士登山に向けて出発です!!
観光バスで登山口まで行けるなんて良いですね!!
ましてや、今回は男6人(笑)
楽しい会話で盛り上がります!!
スバルライン入口
スバルラインの入口まで来ました。五合目登山口まであと少し!!
どんどん高度を上げていきます!!
五合目到着
五合目に到着しました。人、人、人!!
ここは渋谷・・・?ってくらい人がいます。
登山前、記念撮影
皆さんで記念撮影です。
標高2305m。これから3776mのテッペンヘ!!
ちなみに、高所順応のために少し休憩をすることが義務付けられてます。
ほどなくして、ツアーのガイドの方が到着し、説明が始まって登山開始です。
しかし・・・ずいぶん人いるな〜・・・。こんな登山、初めてです。
登山開始
さ、腹ごしらえもしっかり行い、登山開始です。
五合目レストハウスは何でもあります。
完全に観光地化されており、無いものが無いくらい。
下界に比べると、値段は若干高いですけどね。
昼の12時半出発。
5合目出てすぐ
6合目までは、しばらくこんな道が続きます。
ゆえに、色んな格好の方がいますね。
とても登山とは無縁の服装だったり靴だったりしても、6合目までは大丈夫です。
馬車
お金払えば、馬車にも乗せてくれます。
何でもありだなぁ。
6合目に向かう
だんだんと渋滞が出来ていきます。特にこの日はお盆。非常に混み合います。
シェルター
6合目を過ぎると、シェルターがあります。
ちなみに、6合目に安全指導センターがあり、登山に似つかわしくない格好をしている方は
止められる事になってます。
でも、たまにサンダルやハイヒールで6合目以降も見かけます。
あまりに登山者が増えすぎて、とても一人一人見てられないんでしょう・・・。
6合目通過して、徐々に登山道っぽくなる
徐々に登山道っぽくなります。
確かに、この道をサンダルは・・・
毎年、何かしら事故が起きるのも分かる気がします。
ブルドーザー道
ブルドーザー道があります。山頂まで行けます。
もちろん、登山者は通行禁止ですが、ブルドーザーで山頂まで行けてしまう・・・。
最初の山小屋
最初の山小屋です。道は細くなる一方で・・・
渋滞が徐々に・・・?
渋滞
ひたすら・・・渋滞です。
時期が悪かったというのもありますが、とにかく人、人、人。
袋、膨れる
チョコレートの袋が膨れ上がってます。
気圧って凄い。

下を見ると、渋滞は延々と。

凄い裾野!!富士山の雄大さが表れてます。
徐々に疲れだす・・・
徐々に疲れが・・・。
スムーズに行ければ良いのですが、とにかく人が多く、ツアーであるために自分のペースで行けません。
体力よりも、周囲の方に気を遣う方が大変かな・・・。
夜景
夜景が綺麗!!
河口湖が見えます。この時点で19時。
もうこの日の宿泊予定の山小屋到着予定時刻は過ぎてます。
ま、渋滞だし、仕方がない。
しかし、まだまだ距離はあります。
我々含め、ツアーの方が憔悴しきってます。
山小屋到着
ようやく山小屋到着!!
時計に目をやると・・・

22時半。明日、日の出見るんだよね・・・?

到着予定時刻よりも数時間遅れるも、ガイドの判断で翌朝は1時起き。
約2時間の睡眠です。
カレー
山小屋の食事です。
カレーのみ!!富士山の山小屋の食事は、どの山小屋もだいたいこんな感じだそうで。
とりあえず、食ったら寝る!!

寝床は、1畳に2人。狭いですが、山小屋はそんなもんです。
まず。
お盆の時期の富士登山は避けるべき、という教訓を得ました。
何でも勉強ですが・・・
まさかここまで渋滞していたとは(苦笑)
山小屋を予約するにあたって、ツアーの申し込みが必須になってしまうのですが、
(お盆時の一般の予約はほぼ不可能)
・途中で同じツアーの外国人が急に脱落した。
・途中途中でガイドが点呼を取るも、風や他のツアーの方の声でかき消され全く聞こえないので、点呼が成り立ってない。
・行動時間、10時間以上。
色々とありましたが、皆さん無事に1日目を乗り切りました。
みんな、疲れ切ってます・・・。疲労、高山病・・・。
2〜3時間寝て、二日目へ。

山行日記に戻る