山行日記に戻る

巻機(まきはた)山



「ちょっとアドベンチャーだけど、超楽しい山、行かない?」。
と言われて「じゃ、行きますか!」というノリで行くことになった巻機山「ヌクビ沢コース」。
その後、色んな方から情報が入る。
巻機山のヌクビ沢、去年まで一般コースだったけど
今年の地図だと上級者コースになってたなぁ

という、情報。
大丈夫か?ウチら。
友人の友人も含め、深夜1時半に出発。眠い眠い関越トンネル。
コンビニすらない塩沢石打インターから先の道路。
珍道中でした。マジで。でも、楽しかった!!
警告文

警告文
さて、登山口に着きました。
いきなり、この表示?
よく見ると「入山禁止」の横に小さく「初心者の」って書いてある。
分岐
さぁ、分岐です。
「井戸尾根」コースは一般コース。ヌクビ沢を迷わず?行きます。
さぁ!これからが冒険だ!
警告文
巻機山のヌクビ沢コースは、登山靴で行ける唯一の「沢コース」と呼ばれています。
普通に気を付けていれば大丈夫ですが、慎重さは必用ですね。
で、登山道はどちらへ?(笑)
滝
滝は、すっごく綺麗ですけどね。
ロープあり
怖いようですが、一応「ロープ」があります。
雨降ったら絶対に登山禁止のコースです。
急坂を上るスー夫婦
頑張って登ってます。我々。とにかく、草が多い。
てか、草が我々に安心感を非常に与えてくれる・・・
登山道、どっち?
とにかく、この登山道。景色はすごく綺麗なんですよね。
ただ・・・知ってる人がいないと、超不安。ペンキマーク、見失う事多数ですね。
ヌクビ沢、割引沢コース分岐
一応、分岐はきちんと書いてありました。ヌクビ沢へ。
ナメ
「ナメ」と呼ばれる、ヌクビ沢での見所。
危険と思われがちですが、登山靴で行けば滑ることはありません。
ランニングシューズだと無理かな・・・。
ここに寝て、水の流れる音とか聞いたら、どんなに良いことだろう!
一応踏み跡はあるが・・・
一応、踏み跡はあるのですが・・・単独山行はやめましょう。
ガイドや知っている方との登山をオススメします。
草の根トラバース
私が懸念していたのは・・・・・・この場所・・・
草の根トラバース!!
インターネットで調べたら、このコースはここがとにかく危険で、
ケガはないものの、2m下の水場に「ドボーン」と落ちてしまう人が多数いたみたいです。
草の根を掴んで下の岩に降りるという、「とても一般コースにはありえない」場所だったのですが
どうやら・・・誰かが危険を察知して・・・トラロープが設置されてました。
無事通過しましたが、ハラハラドキドキ。
岩場1


岩場2
この岩場、結構高かったですね・・・。山の達人?である友人は軽々越えていきましたが。
私は、この日の為に「加工した棒」を駆使させていただきました。
「棒」の予想以上の出来に満足です。
沢から尾根へ
沢から尾根へ上がるルート。
等高線から「ものすごく急坂になるな」と予想したとおり。超急坂。
登頂


登頂


登頂
ヌクビ沢、攻略しました!
山頂間近の所で「井戸尾根」コースと合流します。
中高年の方に「ヌクビ沢登ってきたの!凄いね!」と言われました。
「ええ、友人に連れられて・・・・棒のおかげです。」
と、心中で答えました。
巻機山頂
山頂に到着です。本当に山頂は、ちょっと違うところにあるのですが・・・?
昼食。カップラーメン。やっぱり、山頂でのカップラーメンは美味しいですね。
警告文
「本当の山頂」の近くにある「池沼」。
水場
下山途中、登山道からちょっと外れた場所にある「水場」。
水は超美味しい!
ヌクビ沢の緊張感もほぐれ、マヌケな姿で水を掬うスータロー。
自転車こぎで浄化槽撹拌
水場近くに避難小屋があるのですが、トイレには・・・
自転車を改造したもので「撹拌」。
容易に想像ついてしまうと思いますが・・・お食事中の方、申し訳ありません。
インターネットでも「ここは本当に去年まで一般登山道だったのか!!!??」
とありましたが、それは嘘ではありませんでした。
「初心者の登山を禁止します。」とは、本当のことでした。
今回は山の先輩である友人を100%頼りに来たので大丈夫でしたが、
単独でしたら無理でしたね(笑)
しかし、地上のアスレチックとは違う感じの楽しいことだらけ。
もう一度行きたいかと言われたら「・・・え・・・?」と反応してしまいそうですが・・・
誘っていただいた友人、良い思い出をありがとうございます!
写真もご協力いただき、本当にお世話になりました!!
おまけ。
帰りに風呂に入りたかったので、水上インターの近くの温泉で風呂に浸かり。
まさかの・・・近隣の山に登っていた、関東近郊の山友達に遭遇。そのままみんなで
夕飯にあしま園というローカルな食堂で。

あしま園1


あしま園1


あしま園1


あしま園1


特盛すぎ!!
皆さん、ほとんどタッパーに入れて持ち帰り、翌日の朝食になりましたとさ♪

山行日記に戻る