山行日記に戻る

瑞牆山(みずがきやま)



金曜の夜に出発、駐車場で車中泊、朝から登山開始というプランで行きました。
非常に手軽で、家族連れにも人気の「瑞牆山」。
アクセスも比較的容易ですが・・・3連休の前、首都高が混みました。
中央道に入ったら空いていましたが、3連休前の前日は要注意です。
確か、荒川三山の時も、首都高抜けるのに2時間以上かかったような・・・
連休前の渋滞を回避できる手段があったらいいのになぁ。
ともあれ、山行時間も短くて手軽、危ない箇所も無いので、初心者の方には最高な山ですね。
駐車場1


駐車場2
無料の駐車場です。
3連休の前ということもあり、相当混むかな?と思ったら
7時くらいには駐車場は埋まり、道路も縦列駐車だらけになりました。
やはり、前日発の車中泊で正解。
色んなナンバーがありましたね。土浦とか水戸とか・・・
トイレ
登山口の近くのトイレです。
富士見平小屋まではトイレは無いので、できれば登山前に行っておいたほうが良いですね。
「車中泊禁止」と書いてありますが、これはトイレ前の駐車場。
無料駐車場の方はOKみたいです。
瑞牆山荘
瑞牆山荘です。公共のバスはここまで来ます。
国道から入る道が狭いので、山間部の運転に自信のない方や、
運転免許の無い方にとっては助かります。
ただし、あまり本数はありません。
登山口1


登山口2
登山口です。
黄色いポストは登山届です。
登山する方は、必ず提出しましょう。
登山開始
登山して間もない場所。
緑の天井って感じ。
富士見平小屋までは、こんな感じが続きます。
階段
途中林道を挟むのですが、そこに階段が現れます。
ちょっとだけ、勾配が厳しくなります。
この日は、この階段を登り切ったあたりの所で、女の子二人がかなり厳しそうな表情をしてました。
水場
富士見平小屋のすぐ下に水場があります。
水を飲んでみましたが、美味い!!
富士見平小屋
富士見平小屋に到着しました。
外観も内観も、かなり小奇麗な小屋でしたね。
スタンプも可愛かったです。


富士見平小屋幕営場所
幕営場所。山小屋の前にあります。
富士見平小屋より瑞牆山頂方面
富士見平小屋を出発して直後の山道。
山頂を望む
山頂がチラっと見えました。
途中まで森林帯ですが、山頂近辺は「何でこんな岩だらけになったんだろう」というくらいの岩稜になります。
天鳥川
途中、天鳥川まで一旦下ります。
水がすごい綺麗な沢です。
帰りに、沢の岩陰にビニールに入った何かがあり、「誰かが捨てたゴミだ・・・持ち帰ろう。」
と思ったら。中には未開封のビールが。
そうか・・・沢でビール冷やすんだ・・・。天然の冷蔵庫にもなってました。
天鳥川から山頂方面
天鳥川を出てすぐに梯子があります。
ここから先は、ちょっとした鎖場があります。
筑波山同様、そんな危険な場所でもないんですけどね。
誰もが訪れる人気の山ですから、安全対策は万全です。
鎖場1


鎖場2
鎖場は、こんな感じですね。
急勾配に見えますが、実際にはそうでもありませんでした。
ケルン


木の枝を・・・?
途中にあった「ケルン」と木の枝。
ケルン、バランス良いですね(笑)
岩稜の瑞牆山の象徴って感じです。
木の枝がなんでこんな感じに並んでるのかは・・・ちょっと謎です。
岩稜
山頂近くなると、岩稜が増えてきます。
もちろん、こんな岩は登らないのでご安心を。
山頂
山頂に到着です。
登り始めは晴れていたのですが・・・曇り。残念!!
山頂から岩稜を望む
しかし、ちょっと時間経つと、少しばかり晴れてきました。
まるでドラゴンボールの世界ですね。岩々してます。
ちなみに・・・クライミングの世界では有名な場所だそうです。 山と渓谷社のクライミング・ボルダリング総合サイト「瑞牆山」
私は臆病者なので・・クライミングなんて出来ません(笑)
富士見平小屋/増冨の湯割引券案内
帰りに再び富士見平小屋に寄りました。
「増冨の湯」には寄る予定でしたから、割引券は非常に助かります。
増冨の湯
増冨の湯に寄りました。
ラジウム温泉です。
温泉の温度が38度台と、非常にぬるかったですが、快適でした。
あまりの快適さに?おじさんがいびきかいて寝てました・・・。
最高地点ソフトクリーム
帰りは清里から軽井沢に抜けて、全て一般道で帰りました。
野辺山にある「最高地点」
ソフトクリーム、濃厚で美味しいです。窓から八ヶ岳がよく見えます。
牛
いたる所にある「牛」。
駅に置いてあるだけでなく・・・どこにでもあります。
かわいいような、微妙なような・・・。
牧場が有名ですからね。
気を付けるべきは、「駐車場の到着時間」ですね。
下山してきたのが15時くらいだったのですが、車だらけでした。
もちろん、駐車場は満車。夜中はほとんど止まってなかったのが不思議なくらいです。
誰でも登れてしまう山ですしね。
登山→温泉→ソフトクリーム。晴れてれば最高の休日です。
そして、時間に余裕があれば軽井沢のアウトレットも良いかもしれません。

山行日記に戻る