山行日記に戻る

鋸山(車力道コース〜沢コース)



千葉県では有名な「房州低名山」の鋸山。
誰でも気軽に登れる(ロープーウェイもありますので)鋸山。
お隣の県の山なので気楽に行けるかと思いきゃ片道2時間半。
そう。千葉県は広いんですよね。千葉県の中央部にある木更津からまだまだ南下すること数十分。
「浜金谷漁港」のすぐ近くからの登山。
ちなみに・・・東京湾を知っている方ならよく分かるかとは思いますが。
横浜や三浦側から来る場合、フェリーを使うと安価にかつ非常に早く来れます。不思議な地形。
アドベンチャーコースを行ってみよう!と思うも、入口を見失い通常コースへ。
楽しみは次回に。
最初の案内
ロープーウェイの駐車場が無料ですが、今回は登山口からすぐ近くの駐車場へ。
肉屋さんの土地にある駐車場。一日止めて800円。
帰りに唐揚げを買いましたが、美味かったです。
内房線の下をくぐる
しばらくアスファルトの道を行くと、内房線の下をくぐります。
くぐってる最中に電車が上を通過したら音が凄そう!
沢コースと車力道コース分岐
内房線の下をくぐってすぐくらい?車力道コースと沢コースが分かれます。
今日は車力道コースへ。
車力道コース案内
陸上部の坂ダッシュには最適な?凄い坂を館山道沿いに行くと、車力道コースへの案内が出てきます。
ここからが山道。
山道開始
山道開始です。
「ねこ車」が通っていた道だけあって、意外に?整備されてます。
石畳の山道
「ねこ車」はさぞかし通り易かったことでしょう。
こんな山道は見たことありません。
「車力」のルーツにもなってるんでしょうね。
採掘所
石を採掘していた場所です。
凄く不思議な雰囲気でした。
廃墟好きにはたまらない場所ですね。
ここから「ねこ車」を使い、港まで女性だけで石を運搬していたそうです。
しかも、80kgの石を3本載せて下っていたそうです。昔の女性、恐るべし!
気になる「ねこ車」・・・今の「一輪車」です。
ウィキペディアの引用になりますが、なぜ猫車(ねこぐるま)なのか・・・
猫のように狭いところに入ることが出来ることから来ているという説もあれば、
また猫のようにゴロゴロと音を立てることを起因するとする説、
裏返した姿が猫の丸まっている姿に似ているからとする説もある。とのことみたいですね。

ちなみに、この辺に「アドベンチャーコース」の入口があるそうでしたが・・・見失い、そのまま車力道コースを進む・・・
採掘所2
こちらも採掘した跡。
よく見ると、採掘所の中央に大きなスズメバチの巣が・・・
スズメバチには要注意です。
階段
階段が結構急なんですよね。
頂上
鋸山の頂上に到着しました。
意外に地味(笑)
「房州低名山」です。
安兵衛井戸の案内
頂上を超えて、「東の肩」を沢コースに行きます。
案内は出ているので、分岐は分かりやすいですね。
しかし。意外に急な「沢コース」の最初の局面。
この「安兵衛井戸」まで続きました。雨の翌日はよく滑りますね・・・
手掘りのトンネル
手掘のトンネルがあります。
これがちょっと長くてヘッドライトはあった方がいいですね
冒険してる気分で、ちょっと楽しい(笑)
沢コース核心
沢コースとだけあって、沢沿いを行きます。
ほんと、水が多い。
結構泥だらけになります・・・
橋
しばらく歩くと、この橋が出てきたころにようやく「泥との戦い」が終わります。
「観光コース」と言われるのは、どうやらロープーウェイだけみたいですね。
実際の登山コースは、意外に???本格的???
地図
そんなわけで、最初の肉屋さんにあった「地図」。
山と高原地図には鋸山は無いから、この地図があるのはいいですね。
工事現場のチーバ君
下山して、そのままドライブついでに房総半島をほぼ一周して帰りました。
って!!工事現場まで千葉県のキャラの「チーバ君」!!!
千葉県は、ゆるキャラ豊富ですね〜。しかもアピール上手・・・
茨城もこういうアピール見習ってほしいです。
菜の花
千葉県といえば。「菜の花」。
南房総は道の駅も非常に多く。
富浦、千倉、富津、鴨川etc・・・
すごく沢山あって、どこも魅力的。人も多くて、花も綺麗で・・・。
次来るときは、泊りで来よう!
実は・・・・
この旅。房総一周も兼ねていたのですが。
昔、高校2年生の時に、通学用のカマキリ型自転車で友人と「房総半島を一周しようぜ」。と声をかけて回ったコースの一部でした。
当時はさすがに鋸山は登りませんでしたが、3日間かけての約360km、とてつもなかったのを覚えています。
初日に館山の南端まで行ったわけですが、ロードマンでもマウンテンバイクでもない自転車で160kmちょっと。
宿直前で、限界を超えて道端にしゃがみ込んでしばらく倒れていたのは、今でもつい先日のように思いおこせます。
あの限界っぷり、36年生きていて一番だったんじゃないかな・・・
若いというのは、良い事ですが、同時に恐れを知らないってのが、いかに怖いかを確認できた20年前の長距離サイクリングでした。

戻りまして鋸山の登山ですが。
沢コースは意外に本格的な?登山?なめてかかると後悔します。
アドベンチャーコースは次回友人とかな!?
近隣に漁港が沢山あり、魚介好きにはたまらない定食屋も寿司屋もあるとのことで。
魚介好きの方で、ちょっと体を動かしたいって方は是非鋸山登山しましょう!!

山行日記に戻る