山行日記に戻る

奥秩父主脈縦走1日目



初の雲取山登山から、ずっと縦走してみたかった「奥秩父」
その時、三峰神社の登山口にあった「甲武信ヶ岳へ縦走」のボタン。
絶対成功させるしかない。と思ってから数年。
あっさり叶った感はありましたが・・・やっぱり、夏はみんな高い山に行きたいんですね。
この時期のこの山行・・・とにかく空いてる・・・
暑かったです。
涼を求めるなら、高い山へ行くのが良いかもしれません。

随所随所ですごく良かったですけどね。
50km以上?の山行を3泊4日。充実感は凄かったです。
地図
三峰神社にあった「登山地図」。
甲武信ヶ岳までは長い!!
道標
まずは雲取山に向かいます。
登山方面ボタン
奥秩父は登山道が縦横無尽にあり、トレランのメッカでもあります。
憧れの「雲取山から甲武信ヶ岳へ」の表示が、いつのまにか「奥秩父主脈縦走路」になっていました。
同じなんですけどね。
地蔵峠
三峰神社から1時間ちょっと。地蔵峠。
もう少しで霧藻ヶ峰。
お清平
「お清」とは、かつていた女性の名前だそうです。
詳しくは、この後の「説明書き」をご覧ください。
前白岩山?から
廃墟になった山小屋が途中にあるのですが、その近辺から絶景を臨めます。
確か、前白岩山あたりだったかな。
地名考証
不思議な名称の場所が多いので・・・きちんと考証が記されていました。
「ダワ」とか「ダルミ」とか。「お清平」の説明もきちんと書かれてますね。
芋の木ドッケ
芋の木ドッケ。
初日の雲取山荘まで、もう少しです。
雲取山荘
雲取山荘に到着しました。
奥秩父を登山する際に、皆さん一番寄り易い山小屋でしょうか。
超快適です。
秋と違って、人が全然いない!!
初めて、「個室」に宿泊できました。快適極まりないです。
ここは、料理がとにかく最高。
登山仲間(陸上チーム仲間)の渡辺さんが絶賛してました。
またみんなで行きたいなぁ。
こばとん
埼玉県のマスコットキャラクター「コバトン」の登山バージョン。
初日から割と快晴で、すごく良い山行になる予感はしてました。
ただ・・・標高2000mくらいの高さだと、夏の暑さが直にきますね・・・晴れていると暑いです・・・
三峰神社から雲取山は、かつて2度「下り」で使った道。
あの時、「ずいぶん急な道を下るな・・・」と思っていましたが、登りはそうでもなかったですね。
快適な登山で汗をかいて、快適な山小屋で美味い夕飯を食べて・・・二日目に続きます。

山行日記に戻る