山行日記に戻る

尾瀬



日本では非常に有名な尾瀬。
そんな尾瀬に・・・一度も言った記憶が無いので、妻とお義父さんとハイキングに出かけました。
結構な距離でした。小学校の遠足などでもリストに入るだけのことあって、平坦でしたけどね。
ただ・・・この日は平地でも40度を超えるか超えないかの日。
尾瀬も30度恋えてました。そこだけ残念・・・。
鳩待峠
茨城をかなり朝早く出て、尾瀬には9時到着。
戸倉駐車場からは、乗合タクシーがひっきりなしに出ています。
戸倉駐車場は非常に大きく、助かります。意外にアクセスが良好。
鳩待峠、ここからが尾瀬のスタートです。
同時に、翌朝の至仏山のスタート地点でもあります。
ユリ
オレンジのユリが咲いていました。
山の鼻小屋に向かって
まずは、山の鼻小屋に向かって歩いていきます。軽い下りです。
お菓子
山の鼻小屋に到着して、お義父さんたちが昨日宿で貰ったお菓子を食べました。
尾瀬ロッジ
山の鼻山荘のすぐ横にある「国民宿舎尾瀬ロッジ」。
尾瀬ロッジを出る
汗ばむくらいの陽気です。大自然の中の木道は快適ですね。
彼方に燧ヶ岳
彼方に見えるのは燧ヶ岳。陽気すぎて曇っています・・・。
彼方に至仏山
至仏山はまだ近いのか、よく見えます。
竜宮小屋
竜宮小屋に到着です。まだ昼前だったかな?
昼前だってのに、もうビール飲んでる方が結構いましたね。
尾瀬の生い立ち
竜宮小屋の横にあった「尾瀬の生い立ち」。
10万年前まで、火山活動が活発だったそうで。
燧ケ岳は火山です。登山する前はよく調べてから行かないとダメですね。
せせらぎ
竜宮小屋を出てすぐの木道。
せせらぎが美しいです。
福島県境
少し行くと、あれ?いつの間にか群馬県が終わって、福島県に突入しました。
小屋だらけ
しばらく行くと・・・
「尾瀬小屋」「尾瀬第二小屋」「燧小屋」「桧枝岐小屋」「弥四郎小屋」と、小屋してました。
小屋は古い感じですが、ものすごくオシャレです。
一度泊まってみたいなぁ。
東電小屋分岐
尾瀬小屋から北上し、東電小屋方面に行きます。
県境2
あれ?今度は新潟県だぞ?今日は一度に関東と東北と北陸に「徒歩」で行ったことに。
只見川を渡る橋
その県境、只見川を渡る橋です。
只見川
川は綺麗ですね。さすが尾瀬。
はてしなく続く木道
果てしなく続く木道です。
いったい、何枚板を使っているのでしょうか。
ヨッピ吊り橋
「ヨッピ吊橋」。ここから竜宮小屋と牛首分岐に分かれますが、
私らは牛首分岐と山の鼻小屋を経て鳩待峠に戻ります。
花豆ソフト
山の鼻小屋で「花豆ソフト」を食べました。美味い!!
あとは、鳩待峠まで登ってゴールです。
朝9時出発の16時終了で、20kmと少し歩きました。
平坦だったので、小中学生でも気軽に歩けるコースです。
木道もきちんと分かれていますので、楽々ですね。
ただ、この日は・・・暑かった・・・。まさか尾瀬で30度を超えるとは思いませんでしたね・・・。
アクセスが意外に容易です。関越道の沼田インターが一番近いでしょうか?
インターからは距離はありますが、駐車場で止めれば、あとは乗合タクシーがひっきりなしに来ます。
バスもあります。なので、バス待ちなどはほとんどありません。
筑波山よりも、アクセスと駐車場の使い勝手は良いかもしれませんね・・・。
翌朝は至仏山へ行きました。
戸倉駐車場から宿を予約していた水上に直接行く山道がありましたが・・・
狭くて大変でした(汗)

山行日記に戻る