山行日記に戻る

筑波山登山 with TOKE TFC



いつも夫婦や自分たちのチームの仲間と登る筑波山。
この時は・・・お隣の県のチーム「TOKE TFC」の方々と登ってきました。
普段は競技場(あと飲み会?)でしか顔を合わさない島田さんと・・・メンバーの方はほぼ全員初対面。
皆さんに会うまでは緊張の面持ちで待っておりましたが、その心配は無用でした。
山が初めてだった方もおり、ちょっと大変な場面もありましたが、結果的に楽しかったのでOKでしょう。
筑波山口バス停

ちょっと時間遅れて出発しました。
11時くらい?
TOKE TFCの本拠地から筑波山口のバス停まで軽く2時間かかるから、仕方ないでしょう。
ザック背負う島田さん

ザックを背負う島田さん。あまり見ないタイプのザックですね。
神社までまだ・・・

ちょうど紅葉のシーズンにつき、神社近くの駐車場に車を停められなかったので
筑波山口の駐車場に停めて歩いています。
正直、徒歩の方が早いです。
標柱

ようやく神社に到着しました。
仁王門

仁王門に到着です。みなさん、意外な大きさに驚いていました。
境内

神社の境内。登山者の方は、みなさん一度ここで手を合わせてから登られる方が多いです。
昔、ここに自動おみくじ販売機があったなぁ。
登山開始

登山開始です。
人数も20人前後いたので、引率すると結構な列になります。
御幸ヶ原コース途中

御幸ヶ原コースの途中。
皆さん、結構バテバテです。
筑波山は「初心者向けの山」として全国的に案内されていますが、
なめてかかると大変な事になります。
無事登頂

無事、御幸ヶ原に到着。
私や島田さんにはお馴染みの場所ですが、初めての方にとっては、すごく爽快な瞬間だったでしょう。
近田さんと。

食事中の私。
と・・・
ビーイングのチームメイトの近田さんです。
私と同い年で、種目は走高跳。1996年の山梨インターハイ、同じ部屋です。
凄い選手でして、走高跳のベストは2m15。
35歳になった今でも、未だに現役で活躍ています。
全日本実業団選手権の常連参加者です。
ガマ石

やっぱり、石は投げますよね。
口の中に石が乗ると、願いが叶うといいますが、
今のところ何度か乗っているものの、願いは叶っていません。多分。
チーバ君

千葉県民なら誰もが知ってる「チーバ君」。
色んなバージョンがあり、結構かわいいです。
てか、何個チーバ君持ってるんだ(笑)
山頂とザック

山頂で・・・島田さんのザックと、遠方の景色。
高度感があります。
近田さんとロープウェイ

こちらも高度感あります。
近田さん、岩場に立つ。
弁慶七戻り

弁慶が7度も戻るほど怯んだという「弁慶七戻り」。↓
情報、合ってますかね・・・
しかし、こんな感じで石が乗っていたら、最初は誰でもビックリしますね。
下山しました

結構時間かかりましたが、みなさん無事にゴールに着きました。
あとは・・・麓の駐車場に戻るだけです。しかし、それがまた長い・・・。
神社周りの駐車場が一杯の時の宿命です。頑張りましょう。
駐車場にゴール

ようやく駐車場にゴールしました。
出発が昼過ぎになったり、多少のトラブルがあったけど・・・
皆さん、よく頑張りました!
またご一緒する機会あれば、今度はもうちょっと別の所も余裕もって案内してあげたいですね。
出発が筑波山口を11時と、ちょっと遅れてしまいまいましたが、
夕方までに筑波山神社に戻ってきたので安心しました。
(数時間待たせた近田さん、ごめんなさい(/_;)
ま、わざわざはるばる「チーバ君のお尻のあたり」から来ていただいているので
こちら側としては、来ていただいているだけでも十分感謝です。
この後は、皆さん翌日も仕事の方もおられましたし、そのまま解散。
島田さんの「もうビール飲むしか・・・」という発言に、「よし!やるか!」
と思わず反応しそうになりましたが・・・そこは我慢です。
次のお山で乾杯しましょう!ってことで、無事終了。良かった良かった。

今回は島田さんに特別に許可を得て、皆さんの集合写真を撮影させていただきました。
メンバーの皆様、ご協力いただき誠にありがとうございました。
ちょっと思ったこと・・・
16時以降にヘッドライトも持たずに
これから登山しようとしている人がいたこと。

いくら筑波山とはいえ、危険です。
こういう行為が無いように、危なそうな登山者を見かけたら、
積極的に声をかけて注意喚起をしていきたいですね。

山行日記に戻る